衰えた聴力を補う器具|突発性難聴という名の病気|大事な耳を守る
女医

衰えた聴力を補う器具

ウーマン

聴力や耳の形にあうもの

年をとると、聴力が衰えやすくなります。聴力が衰えると耳の聞こえが悪くなるのですが、補聴器を使用すれば、使用中はその状態を改善することができます。しかし聴力の衰え方には個人差があり、全体的に聞こえづらくなる場合もあれば、高音や低音など一部の音域のみが聞こえづらくなることもあります。そのため補聴器は、耳鼻科で聴力検査を受けた上で、自分の聴力に最も適したものを選択することが肝心とされています。また、聴力だけでなく耳の形にも個人差があります。したがって補聴器は、フィットするものを選ぶことも大事と言えます。そのため昨今では、レンタルサービスがよく利用されるようになっています。購入する前に、まずはレンタルすることで、自分の聴力や耳の形にあうかどうかを確認することができるのです。

聴力の変化にあわせて

一般的に補聴器は、2週間ほどレンタルすることが可能となっています。その2週間の間に、聞こえや耳へのフィット感を確認し、購入するかどうかを決めるのです。もちろん聴力や耳の形にあわないと判断した場合には、異なる補聴器をレンタルすることができます。また、購入するのではなく、レンタルを継続することも可能です。というのも、聴力は年をとることで徐々に衰えていくので、進行の度合いによっては、補聴器を交換する必要性が生じるからです。そのため聴力が安定していない人の場合、耳鼻科でこまめに聴力検査を受けながら、その都度適した補聴器を選ぶ必要があります。このような場合には、購入ではなくレンタルを利用した方が経済的なのです。